FC2ブログ

記事一覧

シベリア抑留 序章 ~知った時の気持ち~

歌手であり、俳優でもあるGACKTさんは、まだ才能が世に広まる前、1万人に夢を語って支援者を獲得したそうです。

参考:GACKT、売れない時代の衝撃行動!街中で女性に声かけ経済的支援求める

溢れる才能を持っている方が、すべからく努力しているのです。目指すところが高いなら、それだけ行動しなければ得られませんよね。ノーリスク・ハイリターンなんて絶対にあり得なくて、成功者と呼ばれる人は皆、苦しみの底から天を見上げ、這い上がるのです。

さて、私が残していきたい1つに、「シベリア抑留」があります。

昨年の今頃、えらく長く感じたDVD上映会に行きました。主催側が、証言者の言葉1つ1つを全て大切に残したい気持ちは分かるのですが、そんなのは研究者レベルの人が知るべきことであって、ちょっとした休日に学ぼうと足を運ぶ初心者が、うんと重い思いを聴き続けるのは辛くて、ウンザリしました。そんな気持ちで、私が主催者宛に送った、コラムがこちらです。(本音は伝えてません)

2019年8月25日、茨城県水戸市で「シベリア抑留者インタビュー記録DVD上映会ラーゲリから帰ったオールドボーイたち」を観た。

シベリア抑留は、読むのと聴くのは全く違う。1日の食事が黒パンか粥一杯、マイナス30度を下回る桁違いの気温がどれだけ寒かったか、歯磨きはおろか風呂なく身体は虱や蚤でただれ、1枚のパンをもらうため密告し、心荒む苦しさ。

29人の証言者は当時20代、シベリア抑留は若く体力がなければ生きられなかったのか?戦後74年、未だ犠牲者の正確な情報はわかっていない。

自由を失い、若さを奪われ、過酷な環境下で働き、日本に帰っても、雇用なく、差別され、年金も受けられない。彼らはお国のため、人々のため、労苦を背負ったのではないのか。

会場に来ていた三村節さんは最長11年も抑留された証言者の1人である。上映後「すっかり耳が聞こえなくなり、170分の上映に頑張って耐えました」と述べた。

24度設定の冷房を寒いと感じる、日本の夏の”抑留”。95歳に思えぬ若さでユーモアあふれるコメントに笑ってしまった。安全で安心できる日本であって欲しいと願わずにはいられない。


来場した方の多くは、ご家族がシベリア抑留から帰ってきた方でした。意見交換会(質疑応答から一転)では、皆さん深い思いを抱えていました。お話を伺ってますます、この人達の経験を知らず、ただ平和が当たり前のこととして、生きたくないって思いましたよね。この人達がどれほどの現実を背負って今まで生きたのか、明日からを生きるのか、知りたい、忘れない、彼らの苦しみから目をそむけず、理解し、今から未来を生きる人達に伝えたいんですよね。

知ろうとする強さ。

私は強い人でもないですけど、そんな自分になりたいと思います。世代が違っても、この方々の苦労を分かち合いたいです。かと言って、今の世に伝えるなら、読みやすくしなきゃ見向きもされないので、考えます。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Информация

会社設立しました!

「商号」TAK株式会社
「本店」東京都
「公告をする方法」電子公告により行う
(URL:http://mari24russia.jp/)

「目的」
(1)  古物、古書の販売
(2)  ライター業
(3)  イベント業
(4)  出版業
(5)  広告代理業
(6)  語学教室の運営
(7)  翻訳,出版,通訳業務
(8)  情報処理・提供サービス業
(9)  ネット販売、企画等
(10)  リサイクル販売、企画等
(11)  各種録音、録画物の企画等
(12)  旅行業・旅行業者代理業
(13)  輸入出、製造、販売
(14)  不動産業
(15)  地理情報関係の処理業務
(16)  飲食店の経営
(17)  ITシステム開発業
(18)  Webアプリケーション業
(19)  放送、情報、教育に関する業務


「発行可能株式総数」100株
「発行済株式の総数」10株
「資本金の額」100万円

よろしくお願いします

Профиль

mari24russia

Author:mari24russia
〜私のロシア史〜

2018年2月 ロシア観光旅行
(ウラジオストク/4日間)

2018年4月 NHK語学講座
(アルファベットのみ)

2018年7月 ホームステイ
(ウラジオストク/8日間)

2018年10月 東京ロシア語学院
228期 短期講座
(1.5時間×20回×2)

2019年4月 東京ロシア語学院
本科II部 入学
(2時間×5日×4週×10ヶ月)
夏休み・年末年始を除く

2019年6月 
全国ロシア語コンクール初級

2019年7月 ロシア語検定4級

2019年8月 東京ロシア語学院
夏期講座(6日間)

2019年10月 東京ロシア語学院
229期 短期講座
(1.5時間×20回×3)

2019年10月 ロシア語検定3級
~台風により中止~


2019年12月 学院祭
”Дама с собачкой”

2019年12月 創価大学
ロシア語コンテスト 初級

2020年3月 短期語学研修 
プーシキン大学
(モスクワ/3週間)
~感染症の影響で中止~


2020年3月 東京ロシア語学院
本科II部 退学

2020年7月 東京ロシア語学院
全国ロシア語作文コンクール

2020年8月 個別レッスン
アントン・ミルチャ
ロシア語レッスン 受講中
(1時間 ¥3,500- 作文添削)

2020年8月 ユーラシア協会
ガリーナ・オジェレーリエワ
ロシア語講座 受講中
(2時間×月2回 ¥5,000-)

2020年8月 東京ロシア語学院
230期 短期講座 会話初級
マリヤ・マクシモヴァ
(1.5時間×15回 ¥54,450)


Век живи, век учись.
生ある限り学べ
Учиться никогда не поздно.
学問に遅いことなし。
Ученье - свет, а неученье - тьма.
学は光、無学は闇。
На ошибках учатся.
失敗して学ぶ。
Не ошибиться только тот, кто ничего не делает.
間違わないのは何もせぬ者だけ。



Календарь

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Почты

名前:
メール:
件名:
本文:

Форма поиска