FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

≫ EDIT

Давайте познакомиться

私は東京ロシア語学院の学生で、学習中の身です。

Я говорю по-русский, но ещё плохо.

間違えることや知らないことが多々ありまして、間違い指摘や情報などのコメントをいただけましたら幸いです。泣いて喜びます。

≫ Read More

| Познакомиться 自己紹介 | 20:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019年学院祭 ロシア語劇①

学院祭恒例・ロシア語劇を決めるまでのエピソード。

学院に入ってから知ったのですが、ロシア語を学ぶ学生は、ロシア語劇を演じることが慣例のようです。

去年の文化祭で上級生のロシア語劇を見て、私もあれくらい話せるようになりたいと感動し、入学時の面接で「ロシア語劇をやらせてください」と言ったことが懐かしいです。まだ半年前のことですが、あの頃は上級生との接点が欲しくて提案したのですが、今のクラスの皆とでやれることになり、喜び倍増。

担任となった山内先生には入学時とコンクール直前に、上級生には新入生歓迎会で話をしました。

~入学時の面接で~
私:あの、文化祭の劇って本科Ⅱ部でもやりますか?
先生:夜間の人は忙しいですから
私:はあ、そうですか。出来れば私はやりたいんですけど
先生:文化祭のお手伝いをするとか。劇は前例があまりないですね
(多分、こんな感じのやり取りをしました)

~コンクール直前~
私:コンクールで優勝したら、学院長に文化祭でアンナ・カレーニナの夫の役をやっていただきたいのですが
先生:引き受けないでしょうね

~新入生歓迎会で~
私:実はですね、文化祭で劇をやりたいと思っているんです。でも、クラスの人数が少ないから、誰か(言葉にはしない特定の誰かは想定してる)に助けていただきたいと・・・
上級生:ああ、それなら山内先生に相手役をお願いすると良いですよ
上級生たち(爆笑)
私:山内先生がヴロンスキー役?
上級生:大丈夫ですよ、引き受けてくれると思います(笑)。山内先生、文化祭を盛り上げたいって言ってましたし。

※上級生の爆笑の理由は、事務局または講師または本科生に聞いてみてください。

| 日ソ学院エピソード | 15:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第74回 ロシア語能力検定 3級 その後①

Бог знает. 神は知っている。

台風前の授業で、ロシア人らしい言葉を教えてもらいました。

Бог 神様

знать 知っている
(人称変化・3人称単数)

台風が去った翌日に開催された今年のロシア語能力検定3級は、東京で30人ほど受検者が来たそうです。会場の東京ロシア語学院は多摩川のある世田谷区にあります。検定日も主な路線の小田急線が12時半まで止まり受検予定者は来ることもままならず、また主催側も近郊在住のアルバイトと事務局員で運営されました。

今日の授業後、事務局に顔を出すと「よく勉強したのに残念だったね。」と声をかけられました。「1級も2級も年に1回しかないから、何とか開催させたかったよ。」と申し訳なさそうに言うのですが、私は毎日学校に行くので、大型台風上陸から今も大変な事務局を見ています。それこそ不眠不休、試験期間の数日は職員が泊まりで対応にあたっていました。開催されぬ日も問合せ等に追われ帰ることも出来ず、またこの度の返金対応で経済的損失はもとより、検定委員会に関わる責任の重圧を思うと悲しくなります。

受検者のお気持ちもSNS等で見ました。私も受検生ですから勉強して勉強して迎える検定日の不安も焦りも憤りもわかります。この度の災害について彼らが吐露することはないのですが、母校で働く先輩方を見ているとお気の毒でなりません。言い訳できませんし、たとえ受検者を配慮しても反対意見は出てしまうものです。ロシア語検定委員会の3級開催は、東京の受験者に対してすべての可能性をゼロにするのではなく2割でも3割でも受検できるよう配慮したものなのだと思います。私は、自分の記憶に残るこの出来事が記録には出来なかったと落ち込んでいましたが、そのようなことはもう表に出しません。そして開催には厳しいご意見もあったのだと思いますが、むしろ開催側に感謝すべきことと受け止めています。

さて、私の夏期講習仲間は何人か受検に来られたようで、中にはタクシーで来た人も居たそうです。ロシア語を愛する皆さん、さすがです。何とか受検が叶った皆さんが無事に合格することを願いつつ、5月の検定は確実に合格するよう頑張りたいと思います。

次なるロシア語イベントは、全道ロシア語弁論大会です!東京から北海道へ!

この災害は、神だけが知っていた。

| Японский дневник 日本語の日記 | 22:04 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10/13のツイートまとめ

mari_russian

Я опоздала на экзамен.

Не работает на метро.

Я вернусь домой.Ужасно.....


10-13 13:39

| Познакомиться 自己紹介 | 04:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第74回 ロシア語能力検定 3級

今日は、ロシア語能力検定の日。

日本全体で特例措置があるほどの大型台風上陸で、私の受検予定だった3級は東京で実施されたのですが、結果として私が受検することは叶いませんでした。この度の天災で死者が出てしまったほど大きな被害に心痛み、不安な日を過ごした友人や知人を哀れみ、またこの日のために勉強を続けてきた自分のことにも落ち込み、うまく言葉にすることが出来ません。そして私は自分の目の前にある目標から逃げてしまったかのように感じています。自分の今の実力で、合格の可能性は無かったのかな。

台風上陸の情報より少し前に、同じ3級を受検する予定だったクラスメートがこんな言葉をかけてくれました。私より長くロシア語を学習し、また人生の先輩でもある人からの一言が、心を軽くしてくれました。

急いだって仕方がないよ。

僕が本科に入ったのはね、たった一度の人生だからやりたいことはやってやろうと思ったんだ。

思い立ってすぐ飛び込んだのは私も同じだったのに、なぜ落ち込んでいるのでしょう。先生からも、急いで学んだって何も得られないよ、って言われたな。体調が悪くなる度、苦しくなる度、自分があとどの程度生きられるのか考えしまうから私はいつも不安で、でも人生って、結果ではなく、過程を楽しむために生きているのかもしれませんね。

今日はついてなかったけど、この時代に生きていることを楽しみたいです。同じ時代を生きている全ての人とともに。

≫ Read More

| Японский дневник 日本語の日記 | 18:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT