FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平叙文

日本人が学校で学ぶ初めての文は、

This is a pen. これはペンです。

ロシア語も、名詞こそ違えど
平叙文「これは 〜 です」を学びます。

Это ручса . これはペンです。

英語のbe動詞に該当するものは、
現在形では естьですが、あまり使いません。
また、冠詞 a the は品詞として存在しません。

その代わり、イントネーションが必要となります。

力点のある語を強く、
伝えたい語句を強調して言います。

これは = Это

「Э」に力点があるのでエ・を強く

ペン(です) = ручка

「ручса」であることを伝える文なので、
いちばん強調して言います。


| Самостоятельная изучать NHKロシア語 2018.014 | 00:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

軟音記号

昨日、母音10文字、子音23文字と記してしまいましたが、本日の講座で学習しました。

実際は、こちら。
大変失礼致しました。

★キリル文字

アルファベット 33文字

母音 10文字
子音 21文字
軟音記号 2文字


軟音記号とは、 ь と ъ の2文字です。

音のイメージとしてあるのは

ь = ’
ъ = ”

他には a とか th とか書いてあるのに、記号で表されても… と思いましたが。

4月4日の学習でご紹介した ь は
硬子音 л = l (エル)
軟子音 ль = ly (エルワイ) = l’

軟子音がアポストロフィで表されています。

軟音記号は、すぐに説明できるほど簡単ではない代物。もっともっと学習が進んでから、追記していきたいと思います。

| Самостоятельная изучать NHKロシア語 2018.014 | 00:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

硬母音と軟母音

まいにちロシア語を聴き始めて3日目。

いくつかの単語も併せて学びましたが、主に文字と発音を学びました。

この日は硬母音と軟母音。
日本語で表すとこんな感じでしょうか。

【硬母音】

ア行 Аа Ыы Уу Ээ Оо

あ、い、う、え、お


【軟母音】

ヤ行 Ям Ии Юю Ее Ее (軟母音)

や、い、ゆ、え、よー

実際はカタカナ表記で表しきれないのですが、始めのうちはこんな括りでまとめて覚えました。

そして、理解出来なかった軟音記号 Ь 。

「直前の子音を軟子音として発音しなさい」とありますが、わかりやすくまとまったイメージを見てもよくわかりませんでした。



学習が進むうちに慣れるかなぁ


| Самостоятельная изучать NHKロシア語 2018.014 | 20:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

力点

英語を学ぶ前、日本人はローマ字を学びます。
しかしローマ字と英単語は似て非なるもの、その通りに読めない単語が山ほどあります。

たとえば「Rose」

ローマ字ではロセ、英語ではローズ、ロシア語ではローザと発音します。

ロシア語の表記で「Роза」と書きますが、初学者向けのテキストには O の上に点がついています。

力点のつかない Oо は、弱い Aa で発音することになります。

力点のつかない Eeと Яя は、弱い イ で発音することになります。




力点とは、アクセントのこと。この上の ' を力点、ударение (ウダリェーニエ)と言い、力点がつくことでロシア語をかなり読みやすくしてくれています。

一音節語の場合、その中の母音に力点がつきます。

英単語 stop
露単語 стор

この単語の母音は O なのでそこに力点がつき、ストップと読めます。まだご紹介していませんでしたが、キリル文字では S → C となります。

2つ以上の音節を持つ単語には、力点を持つ音節が1つあります。

ロシア (国・名詞)は Россия と書きますが、読み方は「ラッシーヤ」です。力点が и の上につきます。

| Самостоятельная изучать NHKロシア語 2018.014 | 20:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

母音と子音

ロシア語のアルファベットは33文字は、前回ご紹介したとおり。うち、母音は10文字。

画像が縮小され、見づらいのですが私のノートはご参照までに。



そうなると、33文字 - 10文字 = 23文字が子音となります。テキストを見ても「子音は23文字」とはないので、ネットにあげることが心配ではあります。

→修正
軟音記号

引き算について、私がロシアに行った際感じたのは割とロシア人は算数が苦手なのではないかな…と。

テキストはロシア語ができる日本人が作成しているのですが、ロシア語は奥深いので、もっと勉強が進んで誤りに気が付くようになったら随時修正・追記していきますね。

| Самостоятельная изучать NHKロシア語 2018.014 | 20:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT