FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Живу

私はロシアを思い出しシナモンコーヒーを楽しむ(入れ過ぎちゃってますけど)。



あれから幾日が経ち、行ったばかりの頃よりももっと感慨深く思いが込み上げてくる。私はあのロシアに行ったんだ、本でしか分からなかった国をこの目で見てきたんだ。



砂浜、凍る海。広がる世界。



ナポレオン・ボナパルトすら完敗させた冬将軍、ツンドラの大地、永久凍土、シベリア抑留。厳しさを目の当たりにして、なお私の心を震わせるロシア。身分格差、強者と弱者、虐げ、弄び、身勝手な振る舞いに抗うことは出来ぬのか?いや絶対に認めないと考える強い意志。私は一人、いや気がつけばいつも誰かが救いの手を差し伸べてくれている。幸せ、不幸せ、私は私の思うまま、運命を受け入れ、決めたことに従うだけ、そう決めるのは自分。それを幸せだと思えないならば不幸であろう。幸せだと信じたい。自分を認めたい、誰が受け入れてくれるかではなく、自分自身がまず自分を支えねば人生は進まない。自分に負けそうになった時、私はエカテリーナ二世ならどうするかを思いだそう。今は辛くてもいつか日の目は見られる。辛抱し、精進し、支援者を増やし、自分が自分であり続け、受け入れられるように。

ロシアは私を強くしてくれた。

死んでしまいたいと思ったこともある。しかしロシアを知らずに死にたくなかった。ロシアを見たらなお生きていきたくなった。躁鬱病はピョートル三世。生まれ故にどんな自分勝手な行いが誰からも認められ許されそうになったとて、時期を待て、耐えろ、私は一人でも必ず生きる。美しいロシアを知らずに死にたくない。



≫ Read More

| Люблю ロシアへの想い | 00:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Готовиться к поездке 旅行の準備



○旅の指さし会話帳

ホテルでは英語が通じたので、困ることはありませんでした。便利だったのは街中のショッピング。飲食店では日本のように写真つきメニューや英語表記あるいは日本語メニューが用意されていたので、会話帳の活躍はなし。ショッピング以外ではロシア人との世間話に使いました。

○つま先ソックス

私はこちらに厚手の靴下を履いている時は、足下の冷えを感じませんでした。その日の正確な気温がわかりませんが、モンベルのソックスと日本の革製ブーツで歩いていたら指先が冷たくなって凍傷になるかと思いました。一足しか買わなかったので旅行日数分買っておけば良かったと後悔。履き心地の好みはあるかもしれませんが、私のお気に入りです。

○エコバック

空港まで、空港から、必ずコートは着用しますが、空港内や機内では着ないもの。その際にこのエコバッグを広げてダウンコートを丸めて入れておく。そしてスーツケースの取っ手に引っ掛けておく。着る時にはエコバッグをコンパクトにしまうだけ。私にはとても便利でした。実はこちら2個目のエコバッグ、無くしても買い足せる気軽さも嬉しいです。ボトムスのベルトループにくっつけておくだけなので邪魔になりません。

△マルチ変換プラグ

マルチ変換プラグはかさばるので、この方が便利でした。何口かある延長コードに、ドライヤーを買った際に付いてきた変換プラグを1つだけ使う。



購入したマルチ変換プラグと比較すると、この真四角が邪魔で仕方が無い。握り拳くらいの大きさだし、何かと併せて入れるには不便。延長コードならば細長いので隙間に入れられるし、変圧器もコンパクトなので気になりません。




安い変換プラグ1つに延長コードがオススメです。

◎ドライヤー

ウラジオストクにある比較的グレードの高いホテル プリモーリエに宿泊したのですが、そこにドライヤーは設置されていません。私はロングヘアなのでドライヤーが無いと大変でしたし、朝のブローにも重宝し、非常に重要なアイテムでした。いつも使っているパナソニックドライヤーとの違いはマイナスイオンが出ないことだそうです。正直あまり違いがわからなかったので、こちらで十分でした。

○100均のゴム製スリッパ

冬のロシアはブーツが必須!私の行ったウラジオストクも氷点下20°以下の日もあり、寒すぎてブーツをロシアでも新調したほど。オシャレなロシア人や諸外国の方から見れば恥ずかしいことかもしれませんが、全てにキッチリカッチリなんて私には無理です。寝起きで自分に手抜きしたいホテルの朝ごはんなどこれで行っちゃいました。ホテル内は暖かいので、チェックイン・チェックアウト以外のホテル時間は全てゴム製スリッパと共に過ごしました。

○ビデオカメラ

まだ編集に行き着いていないので何とも言えませんが、少なくとも携帯が何度も止まってしまったほどの極寒の地でも耐えてくれたこのビデオカメラに感謝しています。全くビデオカメラを触ったことのない私にも使いやすかったし、映像がキレイです。

△地球の歩き方ストア パスポートケース

便利だったのは、A4の電子ビザをプリントアウトして入れておけるところ。もちろん三つ折りくらいに折りますが、コンパクト。ポケットも三つ折りA4の入るポケット、チャック付き紙幣用ポケット、チャック付きカードポケット、パスポートポケットと4つあります。便利です。

批評するならば、これらの便利さを妥協すれば100均で似たようなものは買えるな…と思ったこと。地球の歩き方ストアに売ってるファスナーポーチ、ダイソーで見かけたものと変わらなかった(笑)。

×楽天で買った安いスノーブーツ

数回ですぐ踵に穴が空き、見たくもない気持ちです。革ブーツでも寒いので、ファー付きで丈夫なブーツが良いでしょう。私はロシアで買いましたが!安くて暖かくて丈夫でオシャレで、大満足です。楽天でなんて買わなければ良かった、ハァ。

◎ユニクロのライトダウンコート

ロシアの寒さも十分耐えられました!

○トイレットペーパー

シベリア鉄道に乗ったブロガーさんが「トイレットペーパーを持って行くと良い」と書いていたので、念のため持って行きました。これが役に立ちました。ホテルプリモーリエではトイレットペーパーのストックがないため、メイクの時に使ったり、床拭きに使うとすぐに無くなってしまいます。日本では考えられないのですが、ホテルの 部屋にティッシュもないので、持って行ったトイレットペーパーがとても重宝しました。



≫ Read More

| Путешествие ロシア旅行記 2018.02 | 22:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

сувенир お土産

職場の皆さんに買ったお土産。


| Путешествие ロシア旅行記 2018.02 | 07:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホテル プリモーリエのロビー

空港まで送り届けてくれるオプションをつけていたので、アナスタシアさんが迎えに来てくれました。待ち合わせ時間はウラジオストク時間10:25。チェックアウトの手続きも全て代行してくれています。その待ち時間に撮影したのがコチラ。



海の上の感動が忘れられず、必ずまた来たいと思った街。3泊もしたからホテル周辺の土地勘はだいぶ養われたし、小さな街なのにまだまだ足りなかった。結局は全然観光しなかったな。オペラもバレエも観てないし、博物館もデパートも行ってない。ウラジオストクの魅力を満喫したかどうかわからないけど、私らしい楽しさは味わえたな。


| Путешествие ロシア旅行記 2018.02 | 10:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本に帰る日

まるで夕暮れのようですが、太陽が昇ったばかりの朝、朝焼けです。



旅の時間はあっと言う間に過ぎ行くもの。行こう行こうと思っていたらもう日本に帰る日となってしまいました。それでもどうしても凍った海を歩いてみたくて、朝5時に起きてみたものの、まさか日の出が8時頃だなんて(笑) 結局起きてメイクして、機材抱えて、防寒具ガッチリ着込んで、ホテルを出たのは7時頃。しかしまだまだ夜中のように真っ暗ですので出発には充分でした。

海の上からみた日の出はもちろん初めての経験、感動しました。ちょっと不安だったけど、ちゃんと歩けたし、ロシアに来て良かった、行って良かった。憧れの国ロシア、死ぬまでに行きたい国ロシア、見たらもっと見たくなって生きる喜びを感じたロシア。

人には誰もが個々に憧れの場所を持っているのではないか、私にとってそれはロシアだったのだと思います。

| Путешествие ロシア旅行記 2018.02 | 08:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンドレイ教会 Andrei church Андрей храмов

ウラジオストクの観光名所の1つ、アンドレイ教会。
Andrei church / Vladivostok
Андрей храмов / Владивосток



皆さん同じことを書いていますが小さいし、可愛いけど呆気ないとかボロクソ書かれてます。 しかし実際見ると、美しいです!
Though it was small, it was beautiful
Небольшой, но красивый.

教会に入って行く人を見かけて、感動しました。ああ、ロシア清教徒はこの人かぁ…と。
I was impressed.
Я был впечатлен.

| Путешествие ロシア旅行記 2018.02 | 16:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

尾崎豊の銅像?誰よ Who is bronze statue? Кто является эта статуя?

哀愁漂う後ろ姿。この銅像は誰ですか?
Who is bronze statue?
Кто это?



私はてっきり尾崎豊かと…。
I thought that he was Yutaka Ozaki.
Я думал  Ютака Ozaki.



前から見るとそうでもない。でも日本人にこういう人、居ますよね! 誰でしたっけ?(笑)
Oh,mistake.This is not similar. Who is he?



この銅像が誰なのか知りたくて、調べてみました。ガイドブックを見ても、地図を見ても、全然載ってない…。この右下の辺りにある「ゴーリキドラマ劇場」を下った辺りに居る銅像なんですけどね。
I do not understand.



セルゲイ・ラゾ像はまた別のもっと厳めしい感じ、この人。
He is Sergei Ratho.
Сергея Лазо.



誰なんだろう…と、インスタやツイッターにUPしてみました。分かりましたら、またご報告いたします!

| Путешествие ロシア旅行記 2018.02 | 16:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スハノフ広場 Sukhanov park Суханов площадь

ロシアでは公園内に本棚がある。

Bookshelf in the park. Книжная полка в парке.



雨ニモマケズ...

Not losing to the Rain. Not losing to the Rain. Не теряя дождь.

| Путешествие ロシア旅行記 2018.02 | 15:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

潜水艦C-56博物館 Korabelnaya Naberezhnaya c-56, Vladivostok. Музей подводных лодок

定番の観光スポット、潜水艦C-56博物館。ウラジオストク駅を海沿いに歩くとすぐにあります。
迫力あるモニュメント。



しかし博物館ってどこにあったんだろう・・・? その上、写真撮影有料 50Rとあるのに、普通に写真撮りまくっても何も言われないし、言うような人がそもそも居なくて、観光した気分がゼロでした。

携帯の充電が切れてしまい、ちょっとしか撮れなかったこのエリア。僅かな写真の中に見つけた、この辺らしさ。

戦艦モニュメントの上(坂道となっている)には慰霊碑がありました。ここから坂(山?)を登ると、更なる観光スポットが続きます。感動薄くてすみません。


| Путешествие ロシア旅行記 2018.02 | 11:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウラジオストク駅に到着!Vladivostok Station Станции Владивосток

シベリア鉄道の出発地点である、ウラジオストク駅! の中。



ウラジオストク駅のマトリョーシカが可愛い!
This is matryoshka doll in Vladivostok Station. It is very cute!
Симпатичные Матрешка



私もマトリョーシカと同じメイクしてみました(笑)
I wear makeup same as a matryoshka doll, too
Же макияж



ウラジオストク駅で買ったポシェット。お値段2,100R、つまり日本円にして¥5,000-ほど。(1R×2.37=日本円)ロシア通貨=ルーブル・カペイカ



ビデオカメラと、予備バッテリー100A、ワイヤレスマイクがぴったり入る大きさです。



これでちょっとオシャレな普通の女の子に。誰もビデオカメラを持っているなんて思わないはず!トレードマークの薔薇をつけてみました。評判悪かった…。



実はこのウラジオストク駅で撮影していたら、女性警官らしき人に怒られてしまいました。もちろんロシア語で。おそらくは画像消去しなさいよ!みたいなことをおっしゃられていたんだと思います。旅行者丸出しで撮影ばかりしてたら怪しまれるんだなと反省、購入に至った訳です。

| Путешествие ロシア旅行記 2018.02 | 10:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT