FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

На чём велосипед.自転車に乗って

私の通う東京ロシア語学院は、日本で唯一のロシア語専門学校です。学院に興味を持ってくださる方に少しでも情報をお知らせしたく、エピソードを紹介いたします。

※関係者の方で不快に思われる方がいらっしゃいましたら削除いたしますので、お知らせください。

昨日はガリーナ先生の授業。

授業内容は、前置格といくつかの乗り物、Ha + 交通手段を学びました。

Ha + 乗り物で行く、列車、車、タクシー、バス、路面電車、地下鉄、私鉄、トロリーバス、などを学びました。タッキー先生は「トロリーバスは若い人には日本語から説明しなければならないのですが・・・」と言っていました。説明されても未だに悩む私は、若い人に入っているのでしょうか。ガリーナ先生は、路面電車は遅れることがあるから仕事前などには乗れない、しかし私は好きだと話してくれました。ゆっくり走る電車はロシアのキレイな街並みを眺められるようです。

KTO ・・・ (あとでロシア語入れておきます)
あなたは家までどのように(歩いて)行きますか?

KTO ・・・ (あとでロシア語入れておきます)
あなたは職場までどのように(乗り物で)行きますか?

私は時々自転車で、しかしロシア人は自転車に乗りませんねと言ったら、ガリーナ先生がこんな話をしてくれました。

かなり前の話になるけれど、日本のニュースで、犯人はロシア人で、自転車に乗って逃走したと言っていた。しかしロシア人はそれは嘘だと言っていた。なぜならば、ロシア人は自転車に乗らない

さすがアネクドートのロシア人。ロシア人が自転車なんか乗るわけないだろう!と。日本の落首みたいですね。私は、ロシアもロシア人も、そういうところが大好きです。

今週は試験勉強に加え、体調不良のため、少し勉強したら寝ます。ご拝読ありがとうございました。


アネクドート(анекдо́т、anekdot)とは、ロシア語では滑稽な小話全般を指すが、日本ではそのうち特に旧ソ連で発達した政治風刺の小話を指して用いられることが多い。本来この言葉はギリシャ語のアネクドトン(ανέκδοτον)に由来し「公にされなかったもの」の意を表した[注 1]。同根の言葉である英語のアネクドート(anecdote)や、多くの言語での対応する言葉は逸話の意味で用いられている。この記事ではソ連時代を主としたロシアの政治的な小話について取り扱う。

| Институт урок 授業日記 2019.04~ | 00:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT