FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Медицинский осмотр

私の通う東京ロシア語学院は、日本で唯一のロシア語専門学校です。学院に興味を持ってくださる方に少しでも情報をお知らせしたく、エピソードを紹介いたします。

※関係者の方で不快に思われる方がいらっしゃいましたら削除いたしますので、お知らせください。

明日は健康診断です。いつも健康でない私はクリニックでなんと言われるか心配ですが、義務なので行ってきます。

今年の5月は大型連休があったはずなのに、GWの大半は寝込んでいました。5月の半ばにはまた別の風邪を引き、こじらせたのか、咳喘息となり夜中3時には必ず咳がひどくなって眠れなくなりました。しかし第4週目には落ち着いてきたので、ホッとしました。

さて、そんなことで慌ただしい毎日のため、学院とのメールやり取りが増えてきました。学院の掲示板には連絡事項が公示され、周知されているのですが、不真面目な私は毎日見ているはずなのに確認しそびれてしまったので、事務局へ連絡をしました。

----------------------------------------------------
Доброе утро.
おはようございます。
завтра я надо идти института,потому что, в медицинском осмотром.
明日、私は研究所に行かなければなりません、なぜなら健康診断で。
Скажите пожалуйста, куда я иду?
教えてください、どこへ行くのですか?
----------------------------------------------------

すると学院から、いかにも日本らしい日本語版、ロシア語版で返信がきました。

Доброе утро! Высылаем вам карту поликлиники с уважением
おはようございます、(私たちは)あなたにクリニックに関しての地図をお送りします。

昨年の夏、私はおはよう、こんにちは、こんばんは、の挨拶しか言えない語学力で、ロシアに行き、ホームステイをしました。帰国前日は体調を崩し、熱でうなされながら、部屋で泣いていました。観光できないとか、体調不良のために泣いたのではなく、日本に帰ったら、せっかく覚えたロシア語を話すことが出来ない、話す相手がいないことを悲しんで泣いたのです。

しかし、帰国後にこのロシア語学院と出会い、学院へ行けばいつもロシア語で話しかけられる嬉しさは、格別でした。

学院の受付で話しかければ理解してくれます。先輩へLINEを送ればロシア語で返してくれますし、間違いを直してくれます。わからないことはいつでも先生に聞けます。私はずっと、共通の話題がある仲間が欲しかったんだと気が付きました。

Друзья(友達・複数)ではなく、Товарищ(同志・志が同じ人) であると。





| 日ソ学院エピソード | 18:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT