FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Живу

私はロシアを思い出しシナモンコーヒーを楽しむ(入れ過ぎちゃってますけど)。



あれから幾日が経ち、行ったばかりの頃よりももっと感慨深く思いが込み上げてくる。私はあのロシアに行ったんだ、本でしか分からなかった国をこの目で見てきたんだ。



砂浜、凍る海。広がる世界。



ナポレオン・ボナパルトすら完敗させた冬将軍、ツンドラの大地、永久凍土、シベリア抑留。厳しさを目の当たりにして、なお私の心を震わせるロシア。身分格差、強者と弱者、虐げ、弄び、身勝手な振る舞いに抗うことは出来ぬのか?いや絶対に認めないと考える強い意志。私は一人、いや気がつけばいつも誰かが救いの手を差し伸べてくれている。幸せ、不幸せ、私は私の思うまま、運命を受け入れ、決めたことに従うだけ、そう決めるのは自分。それを幸せだと思えないならば不幸であろう。幸せだと信じたい。自分を認めたい、誰が受け入れてくれるかではなく、自分自身がまず自分を支えねば人生は進まない。自分に負けそうになった時、私はエカテリーナ二世ならどうするかを思いだそう。今は辛くてもいつか日の目は見られる。辛抱し、精進し、支援者を増やし、自分が自分であり続け、受け入れられるように。

ロシアは私を強くしてくれた。

死んでしまいたいと思ったこともある。しかしロシアを知らずに死にたくなかった。ロシアを見たらなお、生きたくなった。あの人もピョートル三世のようだった。生まれ故にどんな自分勝手な行いが誰からも認められ許されそうになったとて、時期を待て、耐えろ、私は一人でも必ず生きてみせる。美しいロシアを知らずに死にたくない。



| Люблю ロシアへの想い | 00:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT