FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

眠い / 新訳チェーホフ短篇集


2017年6月に書きました。2年前の私より。

---------------------------------------------------------------------

早速本屋に行き、新訳チェーホフ短篇集を見つけました。



物語だけでなく解説もあるから、ロシア文学が重くて暗くて苦手な人でもこれなら読みやすい感じです。「眠い」を読みました。

主人公は13歳くらいの女の子で名前をワーリカと言います。奉公先の親父さんやおかみさんは、ワーリカが休むことを許しません。彼女はクタクタで目が半開き、眠くて眠くて、とうとう白昼夢を見始めます。幸せだった頃のこと、お父さんやお母さんに大切にされていたワーリカ。しかしすぐ現実に引き戻されます。いつも疲れて、眠くて、意識すら朦朧とする中、誰も手を差し伸べてくれない。眠りたい、眠りたい、眠りたいのに眠れない。

軽く読んだけど、私は今、眠くて眠くて・・

| Русская литература ロシア文学 | 23:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT