FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おろしや国粋夢譚

今週は、おろしや国粋夢譚を借りてきました。



おろしや国粋夢譚、1992年に映画化もされており、お父さん世代はご存知の方も多い作品です。歴史の変動は多々ありますが、執筆当時、大黒屋光太夫は帰国後、幕府によって幽閉されていたとされていますが、現在では史実と異なることが判明しています。おーい竜馬!のお栄姉さんのようですね。ロシアでのエピソードよりアムチトカ島での暮らしを読むが楽しみです。

私がもう10〜15回くらいは読み返している「風雲児たち」という漫画があります。みなもと太郎・著の歴史ギャグ漫画で、私の歴史好きはこの本がバイブルです。その風雲児たちで知った大黒屋光太夫にとても興味を持ったためロシア語を学び始めるに至った訳なのですが、このおろしや国粋夢譚は歴史書として読むのではなく、大黒屋光太夫を「モデル」とした作品として読んでみたいと思います。ちなみに吉村昭の書いた大黒屋光太夫も読みました。

大黒屋と言う屋号で呼ばれていたことからも分かる通り、光太夫は商人の子ですが裕福だったようで子どもの頃にちゃんと学問を身につけています。伊勢(三重県)から出発した商船の船長であった光太夫。江戸時代は船の作りに規制もあって、安全面よりも幕府に逆らえない戦いのできない設計にしろとのお達しがあったんですよね。商船以外の用途になりうる帆は認められなかった。そのため船に乗ったら遭難してしまう人たちが多く、船乗りとは命がけ。大黒屋光太夫たちは商売用の積荷で食料があったから食い繋げられたものの、たどり着いたのは、なんとロシア。冬でなくとも雪が降る寒さ。そう、ナポレオン・ボナパルトすら敗北させたロシアの冬将軍を見てしまいます。

漂流地アムチトカ島での生活が始まりますが、大黒屋光太夫とその一行は、冬将軍にやられ、1人、また1人と仲間を失っていきます。そんな絶望の中でも希望を見失わなかった光太夫一行。何年も侘しい島での生活を強いられたものの、ロシア語を習得。言葉が出来ず適切な対応が出来なかったために仲間の命を失ったことを、彼らは身にしみて感じていたのですね。そして、アムチトカに数年に一度くる、夢にまでみた定期船が到着後すぐに難破。彼らは力を合わせて自ら船を造り、島を脱出します。伊勢へ帰る!と言う強い意志で仲間と団結して日本へ帰るつもりが、お次は広いロシアでたらい回しに。モスクワやペテルブルグよりもずっと寒いヤクーツクや、カムチャッカ、イルクーツクに行かされちゃうんです。私の特に行きたい場所は、ヤクーツクであり、イルクーツクなのは、大黒屋光太夫の影響です。

あ、こんなに熱く書き連ねておりますが、私まだ全くこの本を読んでいませんのであしからず。大黒屋光太夫については好きで好きでつい語り過ぎちゃうので、読書感想についてはまた後日!

| Русская литература ロシア文学 | 07:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT