FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏期講習③検定3級対策講座(和文露訳対策)

私の通う東京ロシア語学院は、日本で唯一のロシア語専門学校です。学院に興味を持ってくださる方に少しでも情報をお知らせしたく、エピソードを紹介いたします。

※関係者の方で不快に思われる方がいらっしゃいましたら削除いたしますので、お知らせください。

夏休みはロシア語で 「Летние каникулы」(複数形)。世間はお盆休みでしたが、私はロシア語漬けの1週間、本科生は特別割引となるのでロシア語夏期集中講座に行きました。小林淳子先生「検定対策講座(和文露訳対策)」1日目。



↓講座の案内文↓
ロシア語能力検定試験3級の「和文露訳」の練習をしていきます。検定3級の「文法」には自信があるものの「和文露訳」を苦手に感じている方は少なくないでしょう。授業では3級までに必要とされる文法知識を活用しながら、実際にロシア語で文章を組み立てていきます。色々なパターンの露訳練習を集中的に行うことで「和文露訳」に慣れ、苦手意識を克服していきましょう。

「10月に3級受けて合格します!」

学院にお世話になって10ヶ月=ロシア語学習期間。意気揚々、声高らかに宣言すると笑われてしまいました。どの項目で引っ掛かるのか尋ねると、先生は和文露訳だと言います。事務局の先輩に相談しても同じ回答でした。3級にチャレンジしている方々も和文露訳の合格点が得られなかったとのこと。これは是非とも難関・和文露訳の夏期講習を受けておかねば。

9:30~12:45の格変化トレーニングの講座を終え、簡単に昼食を済ませるとすぐ次の講習が始まりました。13:30~16:00まで。しかし課題前プリントも終わっているし、顔見知りの居る安心感もあり、不安はありませんでした。小林先生はとても品のある女性でどんなお上品な授業が始まるのだろうと思いきや、ぶっ飛んだ発言が次々と出てきます。

「定向動詞・不定向動詞、ポイントはこんな感じです。これ以外は全部、不定向(動詞)にぶち込めばいいんです

小林先生は褒める授業で、テンポ良くどんどん進みます。些細な事でも褒めてもらえると嬉しくなるし、自信がつきます。和文露訳の問題は書かないことが一番良くない、とりあえず書いておきましょう、つまづいたらこのように、など和文露訳の苦手意識を無くすテクニックをたくさん学びました。見直してみると、こんなに解いていたのかと思うほど。

事前課題
設問1 検定並みの量の和文露訳①、設問2 格の用法と動詞の体⑦、設問3 移動の動詞⑤、設問4 関係代名詞④。

授業内課題
設問1 格の用法と動詞の体⑤、設問2 移動の動詞⑤、設問3 関係代名詞④、設問4 検定並みの量の和文露訳②。

時間ありますから進めましょう!と言って、さらに検定並みの量の和文露訳③枚を解きました。

①+⑦+⑤+④+⑤+⑤+④+②+③=

事前課題は答え合わせメインですが、スペルチェックのためホワイトボードに各自答えを書き出したり、授業内課題3時間弱×2日間の中で解答→答え合わせまで。とにかく内容が濃い!

本科Ⅱ部(夜間)1年の私は、基礎ロシア語を山内先生、文法を滝野先生、会話をガリーナ先生と3人の先生から学んでいます。短期講座で金田先生にお世話になりまして、他の先生方も知ってはいるものの、本科I部(昼間)とは違い、教わる人が限られています。短期講座や集中講座を受けると色んな先生から学べて楽しいです。個々の知識や教え方があり、同じことを学んだとしてもカラーがありますから。また同じ目標を持って学ぶ生徒からも良い刺激を受けます。

改めて、ロシア語習得って楽しい。

つづく。

| Институт урок 夏期講習 2019.08 | 22:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT