FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏期講習⑤検定3級対策講座(和文露訳対策)

私の通う東京ロシア語学院は、日本で唯一のロシア語専門学校です。学院に興味を持ってくださる方に少しでも情報をお知らせしたく、エピソードを紹介いたします。

※関係者の方で不快に思われる方がいらっしゃいましたら削除いたしますので、お知らせください。

夏休みはロシア語で 「Летние каникулы」(複数形)。世間はお盆休みでしたが、私はロシア語漬けの1週間、本科生は特別割引となるのでロシア語夏期集中講座に行きました。小林淳子先生「検定対策講座(和文露訳対策)」2日目。



↓講座の案内文↓
ロシア語能力検定試験3級の「和文露訳」の練習をしていきます。検定3級の「文法」には自信があるものの「和文露訳」を苦手に感じている方は少なくないでしょう。授業では3級までに必要とされる文法知識を活用しながら、実際にロシア語で文章を組み立てていきます。色々なパターンの露訳練習を集中的に行うことで「和文露訳」に慣れ、苦手意識を克服していきましょう。

「今年の10月に3級受けて合格します!」

ロシア語学習期間10ヶ月、背伸び受講の私は、3級の文法などまだ未知の世界。無謀であることは百も承知ですが、挑戦してみなければ何も得られません。3級の文法が分かっていることが前提とされる、3級対策講座を受講参加しました。

夏期講習申し込み後、夏休みまでに必須の文法に目を通しておこうと、事務局で参考書を借り、山内先生を捕まえて質問しない日はないほど。主格・対格の関係代名詞は授業でやりましたけど、全ての格変化はやっていないし、移動の動詞は単語だけ、比較級や命令形も未開拓。未だ解ける自信がありません。

1日目に出された和文露訳の宿題を教えてもらおうと先生のところへ行きましたが、夏期講習期間の事務局はとんでもなく忙しそうで、話しかけたら申し訳ないかな、さてどうしようと困っていたら、本科の2年生に遭遇。全国ロシア語コンクールで優勝した3年生のイリヤを継ぐと言われる彼も、夏期講習に来ていました。教えて欲しいの(涙)と泣きつき、和文露訳を見せるとスイスイ答えを書いていきます。短時間で解答と説明を受け、授業に臨む私。こうして皆々様のお陰で今日も何とか体裁はつくろえた、ふう。この時教えてもらったのは、料理を作ったエピソード。難しかった!

和文露訳の表現は、泳ぐ、体調が良い、年齢の表現、何時に何をする、などが多かったように感じます。表現力の乏しい私が書いたことのない和文露訳が出たらお手上げでしょう。あとひと月半で合格ラインに到達するかどうか。最善を尽くすつもりですが、自信はないです。

さて、帰りがけ先輩に文化祭のことを相談しました。思い返せば私は、昨年の文化祭をきっかけに学院の本科生となりましたので、初参加となる今年の学院祭も、観に来てくださる誰かの記憶に残るような劇をやりたいと願っています。1年生は慣例的にコミカルな劇、2年生や3年生になると文学的作品を演じるそうです。練習も大変で、本科二部では難しいかもしれないのですが、これも挑戦です!

「ロシアは、暗唱を重んじるのよ」

В России детей часто заставляют учить стихотворения наизусть.Считается,что это развивает память,обогащает словарный запас.

ロシア語の先輩であり、人生の先輩でもあるジェンシナが教えてくれました。文化祭で劇をやる意味が、ただのイベントではないと気づかされる一言でした。全国ロシア語コンクールで無理やり暗唱したあのテクストは非常に役に立ちましたので、劇を通して学べる事もきっと多いと思います。昨年の私はロシア語が全然わからなかったので内容は入ってきませんでしたが、今年の私は「昨年の私」も観て楽しめるような劇をやりたいです。言葉の壁を乗り越えたい!!そんな話を熱く語っていたら、先程のジェンシナが会話の内容が若いわ、と笑っていました。

私、社会人ですけど、ただいま青春真っ只中です。

つづく。

| Институт урок 夏期講習 2019.08 | 20:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT