FC2ブログ

私とロシア Я и россия

ロシア語がとても好きです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

忘年会 2019

学生だけど、社会人の私たち。学院祭から1週間後、冬休みに入りました。

東京ロシア語学院の本科生は毎年、12月の文化祭でロシア語劇を披露するのですが、私の通う夜間部では、初の試みだったそうです。学院に集まる人は様々で、目的も人それぞれ。ロシア語劇を終えてつくづくわかったのは、演劇は、1人で良いものを作ることなど出来ません。音響、小道具、照明、脚本、全てがひとつになって、人を楽しませる舞台が完成します。観に来られる人に対し、演者は注目を集めますが、来場者が20人居たら40の目が思いのままに見るし、30人居たら60の目でありとあらゆるところを見るのだと気づかされました。感想をお寄せ下さった皆様、ありがとうございます。そして、私たちの劇を観てくださった方々、本当にありがとうございます。

さて、ロシア語劇を経て、より親しみが持てるようになったこのクラスでも、忘年会やろうか、となりました。どこに集まるのかと思いきや、学院でパーティーすることに。学院に相談してみると、場所を貸してくださいました。今は短期講座の受講生以外お休みなので、空き教室があったからですけどね。ちなみに、学校でアルコールは飲めません。

仕事を早めに切り上げ、学校に向かうと、事務局が食器などをご用意くださいました。なんと、ウーロン茶まで。これは飲めない私のため(笑)。



私の定期券内のため、買い出しを志願。学院御用達の美登利寿司(2駅隣の梅ヶ丘にある)で買って来ますと言ってみたものの、言ってしまった後で、パーティーには寿司と飲み物だけじゃダメだということに気が付き、宅飲み・買い出しをネットで調べまくる。テーブルセッティングに自信がなく、会社の先輩、別名おもてなしの達人に相談したら、リストや見本までお渡しくださいました。感動…(涙)



開始10分前に氷買うの忘れた😭と泣いたら、本科II部のクラスメイト、別名ワイルドがすぐ買いに行ってくれて、これは会費じゃなくて俺の差し入れで良いよ!とカッコイイ。また別の人に、生ハムはお皿に盛り付けてねって3回くらい頼んだのにやってくれなかった… 返しが上手いから笑って許してしまう。クラスメイトは皆さん渋めの赤ワイン好きで、下戸の私は店員さんにお勧め聞いたり、調べたり、ちゃんと酸味のあるおつまみ買ってきたよ(ドヤッ)。寿司とワイン、センスないって笑われましたが。差し入れのナポレオンをガブガブ飲む先生は全然素面と変わらないし、葡萄もいただき、楽しかったな。



あっという間の10ヶ月、たくさんのロシア語学習者と出会い、笑い合い、素晴らしい年でした。

あ、アルコールなんてありませんよ💦 学校ですから🏫✨

| 日ソ学院エピソード | 21:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT