FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウラジオストク空港からホテルまで。 I went from the Vladivostok airport to a hotel. Я отправился в гостиницу из аэропорта Владивосток

日本時間17時55分、時差+1時間のウラジオストク空港に到着しました。

スーツケースの搬出を待っている間、近くに居た日本人同士が話をしているので耳を傾けてみると、どうやら東京大学の元・先生(身分は不明)と、東京大学の現・学生さんのようでした。ロシアは旅費も安く、飛行時間も短く、欧米よりも行きやすいので、学生さんにも良い観光地かと思います。また歴史も文学も芸術も魅力的なことでしょう。先生は「ロシアに来るところがまた東大生らしいねえ(笑)」。日本人にとってロシアが閉鎖的なイメージになっているのは、ソビエト連邦崩壊からまだ日が浅いことに尽きるのではないでしょうか。日本人にとって中国はもっともっと身近なのに、ロシアが未だ遠いのは寂しいことです。

さて私が申し込んだツアーは、ロシア専門の旅行会社ジャパンエアトラベルマーケティングのフリーツアー。旅慣れている訳ではないので、トラベルコから海外ツアー・ロシアで調べて、日程と予算、つまり祝日と日曜を入れた2月11日~13日まで、お値段¥59,800-のハバロフスク3日間の旅を申し込んでみたら既に満席のため、2月10日~13日のウラジオストク¥88,000- をご提案された次第です。軽く調べて、この機会を逃したらもう行けなくなってしまうのではないかと考え、思い切りました。一人部屋追加代金、空港使用料、送迎、ビザ申請代行料などを入れるとだいたい¥100,000- ほど。それでもツアーにしたお陰か海外旅行への不安はなく、初めはこんな感じで良かったと満足しています。

スーツケースを引きながら到着口へ向かうとロシア人男性に声をかけられました。「タクシー?」 しかしそのすぐそばにお迎えが着ており、ホッとしました。現地ガイドは日本語ペラペラのロシア人・アナスタシアさん、美人でオシャレでした。ウラジオストクを訪れた人が多く書いてくれている、青いライトアップが格好良かったです。



送迎には私の他、数名がいらっしゃいましたが、日本人とはほとんど会話なくワゴン車に乗り込みました。

「ウラジオストク空港から、ホテルまでは一時間ほどで到着します」

えー、1時間も?と、短いながらもフライトに疲れた私の心は叫びましたが、アナスタシアさんから沢山のロシア話を伺い、着いてみれば時間が短く感じたほどです。車中の会話は動画に収めてきましたので、音声と共にご紹介いたします。

自分でもまだ観ていないので、編集がんばります。 つづく

| Путешествие ロシア旅行記 2018.02 | 20:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT