FC2ブログ

私とロシア Я и россия

東京ロシア語学院の学生です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

искра(イスクラ)!!滝野先生

私の通う東京ロシア語学院は、日本で唯一のロシア語専門学校です。学院に興味を持ってくださる方に少しでも情報をお知らせしたく、エピソードを紹介いたします。

※関係者の方で不快に思われる方がいらっしゃいましたら削除いたしますので、お知らせください。

夜間のクラスでは月曜と火曜がロシア語文法の授業で、タッキー先生が担当です。私がこのブログの元となっている日記を書き始めてから「見てください!」とお願いしたのも、タッキー先生でした(必ず添削をお願いしているのではないので、間違いが多いのですが)。タッキー先生に色んな質問をすると、「今は、(まだ)いいでしょう」とか、「そのうち」と回答されます。最近は質問に答えてくださるようにもなり、とても有難く思っています。

先生は質問を覚えていてくださるので、「先生!肩こり!肩こりって何て言うんですか?」と言うと、次の授業前にはロシア語の肩こり、右肩こり、左肩こりと書かれたメモをくれたり。

早速書いた記事がコチラ

私の学生生活の最初の1週間には発音を学んだのですが、単語を教わった日のこと。

「ロシアにはПравда(プラ-ブダ)と言う新聞があり、ロシア人はプラ-ブダには真実が書かれていないと皮肉を言います。」 と先生。すかさず私が 「искра(イスクラ)!!」と言うと、先生は淡々と「火花という意味ですね。ソ連・共産党の新聞です」と返しました。オルフェウスの窓(池田理代子の漫画)でたまたま知ってた知識なのに、先生(涙)と感動しました。

木曜のガリーナ先生の授業で同じ話題が出たので、「タッキー先生も教えてくれました」と言うと、「先生は違う新聞を読んでいる」とおっしゃったので、また次の授業で先生に尋ねました。すると、少し笑った後、「昼間の授業で時事ロシア語がありますので、新聞を見せているのです」と言っていました。ちなみに、そのエピソードを書こうと試みたロシア語日記がコチラ

どんなロシアの新聞を読んでいるのでしょうね。夜間(本科二部)にはないので、羨ましいです。



| 日ソ学院エピソード | 22:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT